› みやざきNPO・協働支援センターのブログ › イベント報告 › 『ヒムカレッジvol.6』開催しました!

2013年12月23日

『ヒムカレッジvol.6』開催しました!

11月12日(火)に、本年度第3弾となる『ヒムカレッジvol.6』を開催いたしました!

台風の影響で延期しての開催でしたが、41名という非常に多くの方々にご参加いただきました!
今回の講師は、NPO法人Rainbow tree 代表理事の久志 尚太郎さん。



中学を卒業後単身渡米。16歳でアメリカの高校を卒業し大学に進学するも911テロを経験し時代の節目を感じドロップアウト、一度目の起業後、日本へ帰国。その後独学でITを学び、外資系証券会社や米軍基地などのITプロジェクトに携わり、19歳でデル株式会社法人営業部に入社。26歳で同社退職後、「NPO法人Rainbow Tree」を宮崎県串間市で起業。人口1000人高齢化率 50%の土地でソーシャルビジネス展開。次世代の暮らしの在り方のデザイン・実践をされています。

今回は久志さんがこれまでやってきたRainbow Treeでの活動やご自身でやってきたこと、そしてこれから何をやっていくのかついて、地域づくりという観点からお話をして頂きました。



まずは中学卒業後に単身渡米をされた時の話をして頂きました。
アメリカでの高校時代に学んだ事は、
「本当にやりたいとかこうしたいとかは周りが協力して叶えてくれる。変わったことを考えちゃいけないとかのルールに縛られてはいけないし、自分でルールは作れるのかもしれない。出る杭は打たれるかもしれないけど、出過ぎた杭になって引っこ抜いてもらえるまでになろうと思うようになった。そして今いるところから違うところに行けるような人間になろうと決意した。」と話す久志さん。

この時に学んだことが今日までの活動にとても大きな影響を与えているんだろうなと感じました。

23歳で宮崎へ来た久志さんは串間の原発問題に触れ「賛成」とか「反対」でもめるよりもっと建設的な話をしたいと思ったことや、県庁の横山さんとの出会いがきっかけとなり、Rainbow Treeを立ち上げました。



Rainbow Treeの事業概要は、
・釜炊き天然塩の製造販売
・休耕田の再活用や新規販路開拓などの農家支援事業
・感動体験をモットーに展開する、体験型観光事業
・行政機関/企業向けの事業コンサルティング
・カフェ・レストランの運営
と多岐に渡ります。

このような「革新性」「社会性」「事業性」のあるソーシャルビジネスをRainbow Treeで始めた久志さんは、「過疎化や情報格差など様々な問題があるが、一番は、そこに住んでいる人たちが土地のことを否定したり何もないと言う風に言うのがだめだと思った」とおっしゃっていました。



自分がいないと何も出来ないRainbow Treeの現状や課題を解決するため、今年の6月末から宮崎を出て3ヶ月間、全国を飛び回った久志さん。各年代の人と活動していく中での言葉の前提、コミュニケーションのとり方も課題としてあったそうです。一緒に活動していく人との考えや意識の共有が大切であり、今後の課題としては、共通言語でも背景が違うと意味合いが変わってくることがあり難しいところがあるということでした。

そしてこの時期にRainbow Treeが本来もつ「ゼロから1へ、新しいことをやる人を一人でも生み出す」という意志を改めて見直す為に、久志さんは代表を離れました。

それから3ヶ月の間に東京でのPR活動や無印良品と共同しての日南・串間の食べ物をPR・販売していく事業を始められたり、自らの行動力によって地域づくりを推し進められています。

「個が成長することが地域の成長につながる」という言葉はとても強く響きました。


最後に
「40歳までには、起業したり何かをやるという構造というよりもマインドが今足りないと感じるのでそういう気持ちを奮いたたせるようなファンドをつくること、失敗してもいいから何か踏み出す事が日本にはそして地方には必要だと思うのでそういう環境を創りたい」とおっしゃっていました。

この最後の目標からも久志さんの人間力の強さをとても感じました。



久志さんのお話の後は新しくRainbow Treeの代表になった桜井さんからRainbow Treeが手がける『R448ハクランカイ!!』という串間の体験型観光メニューを30個程集めた博覧会形式のイベントの紹介お話などをして頂きました。





お二人のお話のあとに開かれたワークショップでの発表では、
「個が成長することが地域の成長につながる」という言葉に感銘を受けた方や、また久志さんの積極的な活動を聞いて行動することの大切さを学んだという方が多くいらっしゃいました。
それ以外にも「その地域に住んでる自分達が何もないって言ったらだめだ」とうことを意識されていた方や、宮崎はまだまだ発信力が足りないといった意見もでました。

参加者からは
「インプットした事を直にアウトプット出来る事。自分しか出来ない事、特技を伸ばす、そこに住んでいる人が何も知らない事はNG、良い物を知る。」
「普段の行動の原動力や理由って何なのかってことを考えました。「思っていること」「考える事」をしないと何も変わらないのかなと思った。」
「まわりを見て普通になろうと気付かぬうちにしていたけれど、もっとCrazyな奴で行こうと思いました。頑張ります!」
といったご意見・ご感想をいただきました!

今回のヒムカレッジで久志さんの力強い言葉や人間性に触れ、参加者の皆さんが更に地域づくりのために奮い立ち活動していくのではないかなと感じました。

久志さん、桜井さん、そして参加していただいた皆様ありがとうございました!



最後に講座でも紹介された久志さんが辛いときに勇気付けられるという20年前のアップルのCMをご紹介いたします!




同じカテゴリー(イベント報告)の記事画像
ヒムカレッジVol.1「地球が壊れる前に」上映会×西原智昭氏講演会 イベント報告
ヒムカレッジVol.1「地球が壊れる前に」上映会×西原智昭氏講演会 イベント報告 映画部分あらすじ感想編
ヒムカレッジVol.5 「超えろヴィレヴァン、新しい公共施設の在り方」を開催しました。
ヒムカレッジ vol.4『油津応援団社長 黒田泰裕氏が語る 地域の活性化の秘訣とは。』開催しました
ヒムカレッジ vol.3 『U理論を用いた関係構築講座』開催しました!
地域版ヒムカレッジ in 小林×宮崎こばやし熱中小学校 『明日の自分に胸がはれる今日でありたい』開催しました!
同じカテゴリー(イベント報告)の記事
 ヒムカレッジVol.1「地球が壊れる前に」上映会×西原智昭氏講演会 イベント報告 (2018-10-05 15:53)
 ヒムカレッジVol.1「地球が壊れる前に」上映会×西原智昭氏講演会 イベント報告 映画部分セリフ編 (2018-09-29 09:46)
 ヒムカレッジVol.1「地球が壊れる前に」上映会×西原智昭氏講演会 イベント報告 映画部分あらすじ感想編 (2018-09-22 17:45)
 ヒムカレッジVol.5 「超えろヴィレヴァン、新しい公共施設の在り方」を開催しました。 (2018-04-28 12:46)
 ヒムカレッジ vol.4『油津応援団社長 黒田泰裕氏が語る 地域の活性化の秘訣とは。』開催しました (2018-04-04 14:22)
 ヒムカレッジ vol.3 『U理論を用いた関係構築講座』開催しました! (2018-03-14 14:13)

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 11:29│Comments(0)イベント報告
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『ヒムカレッジvol.6』開催しました!
    コメント(0)