› みやざきNPO・協働支援センターのブログ

2019年11月15日

バイロットクラブチャレンジ助成金

助成制度名

第1回パイロットクラブ・チャレンジ助成金

◆実施団体
パイロットインターナショナル日本ディストリクト
◆関連URL
https://www.pijd1951.org/%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%8A%A9%E6%88%90%E9%87%91/

◆お問い合わせ先
お問い合わせは、pilot.international.japan@gmail.com までご連絡ください.

◆募集ステータス
 募集中
 募集時期
 2019年10月20日~2020年1月31日

◆対象分野
 保健・医療・福祉
 対象事業
 事業プロジェクト

◆内容/対象
パイロットインターナショナル日本ディストリクト(日本地区)は、地域社会に前向きの変化をもたらすことを使命とし、脳関連障がい者への支援に焦点をあてて活動している奉仕団体です。

このたび、日本ディストリクトは、その使命に共鳴する活動にチャレンジしている方々の活動を支援する助成金事業を行います。

応募制限
その他
共生社会を目指して、福祉向上 に関わる 活動実績が 3 年 以上の ボランティア団体
※法人格の有無は問いません。
応募方法
所定の申請書(2枚)を当団体担当者宛にご郵送ください。
※申請書のコピーは、必ずお手元に保管しておいてください。
※お送りいただきました書類の返却はできませんのでご了承ください。
選考方法
助成団体を選考する機関として選考委員による選考委員会を設置し、以下の選考基準に基づき厳正な審査を行います。
【選考基準】
社会への貢献度・影響力/活動計画内容の具体性/活動の継続性および発展性/社会福祉協議会
および行政等との連携性
【選考委員】
パイロットインターナショナル日本ディストリクト(地区)役員 5 名
パイロットインターナショナル日本ディストリクト(地区)特別委員会 4 名
決定時期
2020年3月下旬
助成金額
助成金総額: 600,000円
1件あたりの上限額: 300,000円
昨年度実績
昨年度実績なし
備考
詳細は上記URLから「第1回パイロットクラブ・チャレンジ助成金 要綱」をダウンロードしてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年11月08日

2020年度 次世代育成支援活動助成団体を募集します。

2020年度 【次世代育成支援活動助成団体を募集します】

◆応募受付期間:2019年10月28日~2019年12月20日
               (当日消印有効)

◆助成対象団体:九州地域で活動する非営利団体
       (法人格の有無は問いません)
『原則、応募の日までに1年以上にわたり継続的に活動していること等の要件があります』

◆助成金額:1件あたりの上限金額 100万円
◆件数  :20件程度

◆応募方法:九電みらい財団ホームページ
 ●応募方法については以下のホームページに記載の応募要項
  を必ず確認し、同意のうえご応募ください。
http://www.kyuden-mirai.or.jp/support/2020/boshu.html#bosyu

◆お問い合わせ先:一般財団法人 九電みらい財団
 092-982-4627(9:00~17:00)
 〒810-8720 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82

  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年11月01日

2019年度特定課題「外国人材の受け入れと日本社会」

◆助成制度名
 2019年度特定課題「外国人材の受け入れと日本社会」

◆実施団体
 トヨタ財団

◆関連URL
 http://www.toyotafound.or.jp/special/migration.html

◆お問い合わせ先
 公益財団法人トヨタ財団
 特定課題「外国人材の受け入れと日本社会」(担当:利根、甲野)
 電話:03-3344-1701 Email: migration@toyotafound.or.jp

◆募集ステータス
 募集中
 募集時期
 2019年10月1日~2019年11月30日

◆対象分野
 保健・医療・福祉、社会教育、まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ、災害救援、地域安全、人権・平和、国際協力・交流、男女共同参画、子どもの健全育成、職業能力開発・雇用拡充、その他

◆対象事業
 調査・研究、事業プロジェクト
 内容/対象
 トヨタ財団では、2019年度特定課題「外国人材の受け入れと日本社会」の公募を開始しました。

(1) 外国人材が能力を最大限発揮できる環境作り、(2)外国人材の情報へのアクセスにおける格差の是正、(3)ケア・サポート体制を担う人材と既存資源の見直し、(4)高度人材の流入促進、(5)日本企業の海外事業活動における知見・経験からの学びと教訓という5つの課題を設定し、外国人受け入れの総合的な仕組み構築への寄与が期待できる調査・研究・実践活動に対して助成を行います。

募集要項をご覧のうえ、ご不明点や応募の事前相談については、
migration@toyotafound.or.jp までご連絡ください。

併せて、プログラム趣旨のの説明会を実施します。
席数に限りがありますので、ご関心のある方はお早めにお申込ください(先着15名)。
説明会への参加は必須ではありません。また、第1回、第2回は同じ内容です。

【説明会】
日時:10月9日(水) 13:00~14:30 (お申込みフォーム  https://bit.ly/2myTi99
   10月23日(水) 13:00~14:30 (お申込みフォーム https://bit.ly/2lCeXgD
会場:トヨタ財団 第一会議室
定員:各回15名 ※1グループにつき、2名までとさせていただきます。
応募制限
その他
(1) 設定した課題に対して、必要かつ適切な広がりをもつ分野・領域横断的なチームを形成すること。個人のみの応募は対象となりません。
(2) 応募者の年齢・所属・国籍は問いませんが、代表者の主たる居住地が日本であること、及び代表者と連絡責任者については日本語で日常的なコミュニケーションがとれること。応募書類の受付は日本語のみとなります。
(3) 適切な対象に向けた政策提言や公開シンポジウムの実施等による成果発信を計画に組み込み、助成期間内に達成すること。
(4) 助成期間中は財団と連絡を密に取り、当財団が主/共催するシンポジウム等に参加すること。
応募方法
トヨタ財団ウェブサイト(http://www.toyotafound.or.jp/special/migration.html)より応募エントリーを行ってください。応募エントリーが完了すると、専用サイトより企画書をダウンロードすることができます。必要な情報を記入の上、企画書をアップロードしてください。
選考方法
田中明彦・政策研究大学院大学学長/トヨタ財団理事を委員長とする外部有識者による選考委員会によって審議のうえ、トヨタ財団理事会(2020 年 3 月下旬予定)において決定します。
決定時期
2020 年 3 月下旬予定
助成金額
助成金総額: 40,000,000円
1件あたりの上限額: 10,000,000円
昨年度実績
昨年度実績なし
備考
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年10月25日

2020年度助成金申請(通常募集)


◆実施団体
  日本財団

◆関連URL
  https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/common

◆お問い合わせ先
  助成事業についてのご相談
  1 国内外で実施する海洋問題や船に関わる調査研究・人材育成、海洋の総合的知識の普及活動などに関する事業 海洋チーム
  電話:03-6229-5152

  2 社会福祉などの社会的な課題に取り組む事業(下記 3 を除く) 国内事業審査チーム
  お問い合わせフォーム外部サイト

  3 福祉車両に関する事業 国内事業審査チーム 車両担当
  電話:03-6229-5163
 
  4 預保納付金を活用した犯罪被害者等の支援活動に取り組む事業 国内事業開発チーム
  預保納付金事業担当
  電話:03-6229-5254
  募集ステータス
  募集中

◆募集時期
  2019年10月1日~2019年10月31日
  対象分野
  すべて対象
  対象事業
  すべて対象
  内容/対象
 <主な注意点>

  2020年度募集よりGoogle フォームを使用した申請手続きに変更となりました。
  フォーム入力中に一時保存ができませんので、ご注意ください。
  質問事項は全63個です。
  CANPANへの団体登録は不要となりました。

  1. ご案内
   日本財団は、ボートレースの売上を主な財源に活動している民間の助成財団です。社会が複雑化し、様々な課題に直面するなか、行政による施策や公的サービスだけでは支援の手が行き届かない問題がたくさんあります。わたしたちは、このような問題を解決するため、いろいろな組織を巻き込んで、新しい仕組みを生み出し、「みんながみんなを支える社会」を目指して、助成事業に取り組んでいます。

  2. 対象となる団体
日本国内にて次の法人格を取得している団体:一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、任意団体(ボランティア団体など)など非営利活動・公益事業を行う団体

※「社会福祉、教育、文化などの事業」について、任意団体(ボランティア団体など)からの申請は2020年4月以降に募集します。

  3. 対象となる事業
当財団では、限られた資金を最大限に活用するため、優先順位をつけて支援をしております。支援分野については、下記<支援の柱>をご覧ください。

なお、<支援の柱>については、以下のリンクから必ず詳細をご覧いただき、ご申請の事業に最もあてはまるものを選んでください。あてはまるものがない場合は、「その他、海や船に関する事業」「その他、社会福祉に関する事業」「その他、教育・文化などに関する事業」から選んでください。

PDF支援の柱(PDF/221KB)
事業内容
1.海や船に関する事業
支援の柱
(1)海と船の研究
(2)海をささえる人づくり
(3)海の安全・環境をまもる
(4)海と身近にふれあう
(5)海洋教育の推進
事業期間
2020年4月1日以降に開始し、2021年3月31日までに完了することを原則とします。

事業内容
2.社会福祉、教育、文化などの事業
支援の柱
(1)あなたのまちづくり
(つながり、支えあう地域社会)
(2)みんなのいのち
(一人ひとりを大事にする地域社会)
(3)子ども・若者の未来
(人を育み、未来にわたす地域社会)
(4)豊かな文化
(豊かな文化を培う地域社会)
事業期間
2020年4月1日以降に開始し、2021年3月31日までに完了することを原則とします。

4. 助成金の上限金額・事業費総額に対する助成金の補助率
原則として、以下のとおりです。
事業内容
1.海や船に関する事業
財団・社団・社福・NPO法人
助成金額:事業規模に見合う適正な金額 補助率:80%以内
任意団体(ボランティア団体など)
助成金額:上限200万円 補助率:80%以内

事業内容
2.社会福祉、教育、文化などの事業
財団・社団・社福・NPO法人
助成金額:事業規模に見合う適正な金額 補助率:80%以内
任意団体(ボランティア団体など)
募集なし

・決定時の事業費総額・助成金額は1万円未満切捨てとします。
※「社会福祉、教育、文化などの事業」において、任意団体(ボランティア団体など)からの申請は2020年4月以降に募集します。

5. 対象となる経費
対象となる経費は、助成事業の実施に必要な経費とします。
必ず各団体が通常使用する会計費目を使用してください。下記は記載例です。
日本財団の助成金を受け入れる際の収入科目は助成金収入としてください。
事業費
費目(例) 内容
臨時雇用費 事業を実施するために直接必要なアルバイト等の経費
諸謝金 講師や通訳など外部の専門家に対する謝金
旅費交通費 事業を実施するために必要な出張旅費や交通費など
委託費 調査研究、情報公開のための成果物の電子化経費など事業の一部を他に委託する費用
消耗品費 事業に直接必要な機材や備品等の購入費
印刷製本費 ポスター・パンフレット等のコピー・印刷代など
通信運搬費 郵送料、宅配便代など
会議費 会場借用料、会場設営費用、委員会や各種会議での茶菓子代など
広告宣伝費 事業実施の開催告知などを、新聞・雑誌・WEB等で広告するための費用
事業管理費 事業を実施する上で必要な事務局人件費・家賃・諸経費
(本事業が団体の活動の中で占める割合に応じた金額を記載し、その根拠を明記してください。)
雑費 少額かつ上記経費項目に含めることができない諸経費

6. 申請手続き・申請受付期間
2020年度募集よりGoogleフォームを使用した申請手続きに変更となりました。
今一度ご確認をお願いします。
応募制限
その他
日本国内にて次の法人格を取得している団体:一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人、社会福祉法人、NPO 法人(特定非営利活動法人)、任意団体(ボランティア団体など)など非営利活動・公益事業を行う団体

※「社会福祉、教育、文化などの事業」について、任意団体(ボランティア団体など)からの申請は2020年4月以降に募集します。
応募方法
STEP1. Googleアカウントの取得
(既に取得済み、使用中のアカウントがある団体は、新規アカウントの取得は必要ありません)

STEP2. 申請の準備
Googleフォームを使用した申請手続きでは、フォーム入力中に一時保存ができませんのでご注意ください。質問事項は全63個です。入力前に下書き資料の作成を推奨いたします。

STEP3. 申請 ※インターネットによる申請のみ
2019年10月1日(火)11:00〜2019年10月31日(木)17:00まで
(注意:10月31日(木)17:00までに送信ボタンを押し、「申請受付メール」を受け取った事業が対象となります。)
選考方法
募集要項参照
決定時期
2020年3月中旬から下旬までに郵送をもって、採否の結果をお知らせします。それ以前の採否のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: なし
昨年度実績
昨年度実績なし
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年10月18日

コスモ石油エコカード基金

◆  助成制度名
   コスモ石油エコカード基金
◆  実施団体
   コスモエネルギーホールディングス

◆  関連URL
   https://ceh.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/info/index.html

◆ お問い合わせ先
  〒105-8302 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビル
  コスモエネルギーホールディングス株式会社
  コーポレートコミュニケーション部 広報ブランド・戦略グループ
  コスモ石油エコカード基金事務局
  03-3798-3101(平日10時~17時)
  ※お問い合わせの際に必ず「エコカード基金公募の件」とお伝えください

◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年10月1日~2019年12月15日

  対象分野
  環境保全、国際協力・交流
  対象事業

  事業プロジェクト
  内容/対象
  対象となるプロジェクト
  地球温暖化をはじめとする気候変動防止、抑制に資する地球環
  境保全活動、啓発活動
  <現在助成している主なプロジェクト>
  ・植林、間伐などの森林保全活動
  ・森林保全を目的とした定置型農業支援活動や産業支援
  ・温暖化による被害を抑制するためのマングローブ植林活動

 <今後増やしたいプロジェクト>
 ・地域社会を巻き込んだ環境啓発活動
 ・CO2の削減や固定化に結び付く環境保全活動

  対象となる団体
  ・エコカード基金の趣旨・方針にご賛同いただける団体であること。
  ・特定非営利活動法人として認可されている等、体質が健全であること。
  ・原則として1年以上の活動実績があること。

◆  助成の内容
   スタートアップ助成
   助成期間:2020年4月~2021年3月
   助成金額:上限200万円/年
   助成期間は1年間ですが、期間中に成果を確認することができたと事務局が判断した場合は、3年間の継続が可能です。

  応募制限
  設立からの年数
  ・エコカード基金の趣旨・方針にご賛同いただける団体であること。
  ・特定非営利活動法人として認可されている等、体質が健全であること。
  ・原則として1年以上の活動実績があること。

  応募方法
  コスモ石油エコカード基金ホームページよりご提出下さい。
  https://ceh.cosmo-oil.co.jp/kankyo/eco/info/index.html
  ホームページからのご提出が難しい団体に限り、郵送でのご提出も可能です。
  申請締切日までに必要な書類をお纏めの上、ご郵送下さい。

◆  選考方法
  申請者から提出された「3.申請の際に必要な書類」を事務局が精査し、毎年 2 月頃に
  開催する当基金総会にて実施プロジェクト及び支援金額を決定します。

◆  決定時期
  2020年 2月末 選考結果通知

◆  助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: 2,000,000円
  昨年度実績
  応募件数:0件 / うち継続 - 件
  助成件数:15件 / うち継続 - 件
  助成金総額:0円 / うち継続 - 円
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の応募件数・助成金総額についてはHPに記載がないため暫定的に「0」と掲載しています。  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年10月11日

令和2年度 文化芸術振興費補助金(映画製作への支援)第2回


◆ 助成制度名
 令和2年度 文化芸術振興費補助金(映画製作への支援)第2回

◆ 実施団体
 (独法)日本芸術文化振興会
 関連URL
https://www.ntj.jac.go.jp/kikin/lp/2019/bosyuu_0.html 

◆お問い合わせ先
 【 住 所 】 〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1
 独立行政法人日本芸術文化振興会 基金部 企画調査課 映像芸術係

 【電 話 番 号】 03-3265-6312
 【e—mail】 eizo@ntj.jac.go.jp
 【 F A X 】 03-3265-7474
 【お問合せ時間】 午前10時~午後6時(土・日・祝日・7月1日を除きます。)

◆ 募集ステータス
 募集予定
 募集時期
 2020年5月22日~2020年5月29日
 対象分野
 学術・文化・芸術・スポーツ

◆ 対象事業
 事業プロジェクト
 内容/対象
我が国の芸術団体の水準向上とより多くの国民に鑑賞機会の提供を図る優れた舞台芸術の創造活動、我が国の優れた芸術文化を海外に発信し、国際文化交流を推進するための活動、我が国の文化拠点である劇場・音楽堂等が行う実演芸術の創造発信や人材養成・普及啓発等の活動、優れた日本映画の製作活動に助成します。

 ■ 映画製作への支援
 ● 劇映画
 ● 記録映画
 ● アニメーション映画
 応募制限
 その他
 関連URL参照
 応募方法
 関連URL参照
 選考方法
 関連URL参照
 決定時期
 関連URL参照

 ◆助成金額
 助成金総額:
 1件あたりの上限額: なし
 昨年度実績
 昨年度実績なし
 備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年10月04日

2020年度年賀寄付金配分団体の公募


◆ 助成制度名
  2020年度年賀寄付金配分団体の公募

◆ 実施団体
  日本郵便

◆ 関連URL
  https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2019/00_honsha/0902_01_01.pdf

◆ お問い合わせ先
  日本郵便株式会社 総務部内 年賀寄付金事務局
  電話:(直 通)03-3477-0567

◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年9月9日~2019年11月8日

◆ 対象分野
  保健・医療・福祉、社会教育、学術・文化・芸術・スポーツ、環境保全、災害救援、人権・平和、国際協力・交流、子どもの健全育成

◆ 対象事業
  事業プロジェクト、施設・設備
内容/対象
1 年賀寄付金について
年賀寄付金配分事業は、「お年玉付郵便葉書等に関する法律」(昭和 24(1949)年法律第 224 号)に基づいて、日本郵便株式会社がこれを行っており、「寄附金付お年玉付郵便葉書」(以下「寄附金付年賀葉書」といいます。)および「寄附金付お年玉付郵便切手」(以下「寄附金付年賀切手」といいます。)の寄付金を、法律に定められている 10 の事業のいずれかの事業を行う団体に配分します。
寄附金付年賀葉書は、国民の福祉の増進を図ることを目的として、1949 年 12 月から、寄附金付年賀切手は、1991 年から発行しています。
2 申請可能事業
申請可能事業は、お年玉付郵便葉書等に関する法律に規定された 10 の事業のいずれかに該当し、かつ、申請法人の定款または寄付行為に基づいて行う事業とします。
また、日本国内で実施される事業を対象とし、海外で実施される事業は除きます。
なお、海外活動を行う団体が国内で行う啓発事業などは、国内で行われる事業として対象とします。


◆ 応募制限
  法人格の有無、設立からの年数
  ●一般枠
  社会福祉法人、更生保護法人、一般社団法人、一般財団法人、
  公益社団法人、公益財団法人または特定非営利活動法人(NPO 法人)
  ●特別枠
  一般枠配分団体に加え、営利を目的としない法人
  (例:生協法人、学校法人など)

◆ 応募方法
  配分申請書は折り曲げずに、そのまま入る封筒を使用し、次のいずれかの方法でお送りください。
  ・特定記録郵便
  ・簡易書留郵便
  ・レターパック(「レターパックプラス」または「レターパックライト」)
  なお、申請に必要な書類が全てそろっていることを必ず確認の上、提出してください。
  特に「意見書」は必須ですので、入手のための余裕期間(おおむね 2 週間以上)を考慮して準備してください。

◆ 選考方法
  年賀寄付金配分団体および配分額は、社外有識者による審査委員会において審査の上、総務大臣の認可を受けて決定します。

◆  決定時期
  配分団体・配分額の決定は 2020 年 3 月末を予定しています。

◆ 助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: 5,000,000円
  昨年度実績
  応募件数:734件 / うち継続 - 件
  助成件数:182件 / うち継続 - 件
  助成金総額:297,525,000円 / うち継続 - 円

  備考
  ・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
  ・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年09月27日

2020年度アートによる地域安全事業助成

■ 助成制度名
 2020 年度広域安全事業助成

■ 実施団体
 (公財)日工組社会安全研究財団
関連URL
http://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2019/07/2020_youkou_koiki.pdf

■ お問い合わせ先
 〒101-0047 東京都千代田区内神田 1 丁目 7 番 8 号 大手町佐野ビル 6 階
 公益財団法人日工組
 ニッコウソ
 社会安全研究財団事務局(安全事業助成募集係)
 F A X:03-3219-2338
 E-mail:anzen20@syaanken.or.jp
 (2019 年 9 月 2 日から 10 月 15 日までの期間限定アドレス)

■ 募集ステータス
 募集予定
 募集時期
 2019年9月2日~2019年10月15日

■ 対象分野
 地域安全
 対象事業
 事業プロジェクト

■ 内容/対象
 1 募集の趣旨
 公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりな
 く安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団
 体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害
 者支援等の活動を対象とします。

■ 2 募集期間
 2019 年 9 月 2 日(月)から同年 10 月 15 日(火)まで(午後 5 時必着) 

■ 3 助成対象事業
 国内において複数の都道府県にわたって行われるもの及び国際間で行われるもの。

■ 助成対象事業の区分
 (1) 地域社会との連携による安全・安心なまちづくり
 ① 防犯活動
 ② 防犯研修会等の防犯啓発活動
 ③ 防犯環境の改善 など
 (2) 子どもを守る対策
 ① 学校周辺、通学路等の安全対策
 ② 被害防止教育推進活動
 ③ 児童虐待防止活動
 ④ 少年の犯罪被害防止対策 など
 (3) 女性等を守る対策
 ① 配偶者等からの暴力事犯への対応
 ② 性犯罪被害防止対策
 ③ ストーカー行為等への対応 など
 (4) 高齢者を守る対策
 ① 各種詐欺被害防止対策
 ② 悪質商法被害防止対策 など
 (5) 少年の非行防止と健全育成
 ① 少年の非行防止等のための補導活動及び広報啓発活動
 ② 少年の社会参加活動の促進 など
 (6) 組織犯罪対策
 ① 暴力団排除のための広報啓発活動
 ② 暴力団による被害の防止対策(暴力団事務所撤去等の活動を除く。)など
 (7) 薬物乱用防止対策
 ① 薬物乱用防止のための広報啓発活動
 ② 薬物使用者の薬物依存離脱支援活動 など
 (8) 犯罪被害者支援
 ① 犯罪被害者支援活動
 ② 犯罪被害者遺族に対する支援活動 など
 2
 (9)出所者の再犯防止対策
 出所者の自立支援活動 など
 (10) その他犯罪情勢に対応した対策
 4 応募の制限及び助成対象外事業
 (1) 応募の制限
 ① 1 つの団体が広域安全事業と県域安全事業の両方に応募することはできません。
 ② 1 つの団体による応募は 1 件とします。
 (2) 助成対象外事業
 ① 事業の全部又は大部分を他の団体等に請け負わせて実施する事業
 ② 全国規模の団体が当財団の助成金を傘下団体への助成資金に充当する事業
 ③ 他の団体等から委託、補助、助成等の資金を受ける事業(他の団体等からの資金と当財団
 の助成金の充当範囲が明確に区分できる事業を除く。)
 ④ 交通安全対策に関する事業
 ⑤ 学会等のシンポジウム事業
 ⑥ 営利を目的とした事業

■ 5 助成対象団体
 (1) 次のいずれかに該当する団体とします。
 ① 公益社団法人及び公益財団法人
 ② 一般社団法人及び一般財団法人
 ③ 特定非営利活動促進法(平成 10 年法律第 7 号)により設置された法人(以下「NPO 法
 人」という。)
 ④ 営利法人を除き、①、②及び③以外の法人格を有する団体
 ⑤ 法人格を有しないが、助成対象事業を実施するための体制を有すると、当財団が認める団
 体
 (2) 当財団に助成を申請する時点で、本募集要項に定める助成対象事業のいずれかに該当する
 事業を過去 3 年以内に実施した実績を有する団体とします。
 ただし、(1)-①に該当する団体については、前記の実績を問いません。
 (3) 上記(1)、(2)かつ以下の条件を満たす団体とします。
 ① 定款又は規約等を有し、団体としての意思を決定し執行する能力を有すること。
 ② 団体を代表する者についての定めがあること。
 ③ 団体としての適正な経理機能を有していること。
 ④ 政治活動や特定の宗教に関する活動を目的とする団体でないこと。
 ⑤ 暴力団、暴力団関係企業、その他反社会的勢力でないこと。
 ⑥ 団体名義が入った金融機関口座を開設していること。
 ⑦ 当財団と助成対象団体との連絡手段として、パソコンを利用した電子メールでの連絡が
 可能であること。

■ 応募制限
  その他
  「内容/対象」を参照

■ 応募方法
 提出方法は、宅配便、簡易書留など配達記録が残る方法とします。
 「助成金交付申請書(助成契約申込書)」は、A4 判片面の印刷とし、クリップで留めて提出してください。両面印刷・カラー印刷及びホチキス 留めた書類は、受理しません。

■ 選考方法
 当財団の選考委員会における審議

■ 決定時期
 助成申請に必要な書類を受理した後、当財団事務局における書面審査、当財団の選考委員会における審議を経て、2020 年 3 月に開催予定の理事会で決定します。

■ 助成金額
 助成金総額:
 1件あたりの上限額: 3,000,000円
 昨年度実績
 昨年度実績なし

備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年09月20日

高速道路利用・観光・地域連携推進プラン

◆ 助成制度名
  高速道路利用・観光・地域連携推進プラン

◆ 実施団体
  (一財)国土計画協会

◆ 関連URL
  http://www.kok.or.jp/project/highwayplan.html

◆ お問い合わせ先
  〒102-0082 東京都千代田区一番町13番地2号 ラウンドクロス一番町ビル2階
  一般財団法人国土計画協会 高速道路課(担当 高野倉・田中)
  TEL 03-3511-2185(10:00~17:00 ※土、日、祝日を除く)
  FAX 03-3511-2188

◆ 募集ステータス
  募集中
  募集時期
  2019年8月1日~2019年10月31日

◆ 対象分野
  地域安全、観光、その他

◆ 対象事業
  事業プロジェクト、その他

◆ 内容/対象
  一般財団法人国土計画協会は、高速道路の利用を通じた観光及び地域交流の推進を図る観点から、高速道路及び高速道路の SA、PA、IC、スマート IC 等を活用した取り組み、高速道路の利用者の利便増進に関する取り組み、及び観光に関する取組みに対し一定の支援を行うため、公益的団体等が主体となって実施する実現可能なプランを募集します。

 1.募集対象事業
  募集対象事業は、以下のようなものを想定しています。
  ① 高速道路と地域が相互に連携を図ることによって、高速道路の利用促進と地域活性化につながる等の事業。
  ② 高速道路の SA、PA、IC、スマート IC 等を活用して、高速道路の利用者及び地域住民等の利便向上につながる等の事業。
  ③ SA、PA が設置されない新直轄道路等の近隣における「道の駅」やガソリンスタンド等を活用して、利用者サービスの向上を図る事業。
  ④ その他本事業の趣旨にかなう事業

  2.応募対象者
  ①構成員又は出資者等の構成からみてふさわしいと認められる公益的団体(協議会、商工会議所、商工会等)
  ②地方公共団体が出資する法人等(第三セクター等)
  ③NPO法に基づくNPO法人
  ④公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人

  なお、応募の主体、及び構成員が暴力団その他反社会的活動を行う団体等は応募対象としません。

◆ 応募制限
  その他
  ①構成員又は出資者等の構成からみてふさわしいと認められる公益的団体(協議会、商工会議所、商工会等)
  ②地方公共団体が出資する法人等(第三セクター等)
  ③NPO法に基づくNPO法人
  ④公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人

なお、応募の主体、及び構成員が暴力団その他反社会的活動を行う団体等は応募対象としません。
応募方法
下記①②の様式に、必要事項を記入のうえ、明確に実施内容のわかる③の企画書等と1セットにして、印刷物15部、データ(CD-R、USB 等)1部をご提出ください。
なお、ファイル形式(Excel)を変更しないようにしてください。
① 応募用紙(様式1)
② 資金計画書(様式2)
③ 企画書:計画の内容、趣旨等を明示すること
Word 又は Excel を使用して、図表・写真等を添付のうえ
A4サイズの縦で、20頁以内にまとめて提出して下さい。
なお、上記①②のファイル形式(Excel)は変更しないようにして下さい、
◆ 選考方法
・学識経験者、有識者等で構成された検討委員会を設置し、審査を行い、支援の適否を決定します。
・審査は、応募書類の書類審査(一次審査)により、書類審査通過者を選び、後日、書類審査通過者のプレゼンテーション審査(二次審査)を実施し、支援先の内定をします。

◆ 決定時期
  非記載

◆ 助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: 10,000,000円
  昨年度実績
  応募件数:0件 / うち継続 - 件
  助成件数:3件 / うち継続 - 件
  助成金総額:0円 / うち継続 - 円

備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の応募件数と助成金総額はHPに記載がないため暫定的に「0」と記載しています。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年09月13日

NPO基盤強化資金助成「組織および事業活動の強化資金助成」

◆ 助成制度名
  2019年度 社会福祉事業 NPO基盤強化資金助成 「組織および事業活動の強化資金助成」

◆ 実施団体
  (公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団

◆ 関連URL
  https://www.sjnkwf.org/jyosei/kibankyouka.html

◆ お問い合わせ先
  公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団
  〒160-8338 東京都新宿区西新宿 1-26-1
  ホームページ https://www.sjnkwf.org/
  電話:03-3349-9570 ファックス:03-5322-5257

◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年9月2日~2019年10月11日

◆ 対象分野
  保健・医療・福祉

◆ 対象事業
  組織運営支援

◆ 内容/対象
  1.対象となる団体
  下記の<1>~<3>のすべてを満たしている団体が対象です。

<1>募集地域
西日本地区(以下の都道府県)
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

<2>助成対象者
特定非営利活動法人・社会福祉法人

<3>助成対象事業
社会福祉に関する活動を行う団体を対象とし、原則として2021年3月末までに完了する事業が対象です。

2.助成内容
・団体の基盤強化に結びつく事業に必要な費用
・組織の強化に必要な費用
・事業活動の強化のために行う、新規事業または既存事業の拡充・サービス向上に必要な費用

<使途>
本助成事業に関する、人件費(助成金額の30%を上限とする)・物件費

【ご参考】
・対象となる費用(費目)
人件費、講師謝金、コンサルティング費※、会議費、機材・什器・備品購入費、交通費・通信費、印刷費、工事改修費など
※コンサルティング費とは、本助成に申請する内容について、NPO支援センターなどの団体や、公認会計士、経営コンサルタントなどの専門家に「助言・支援」を依頼した際の対価として支払う費用をいいます。

・対象とならない費用
本助成事業と直接関わりのない職員などへの人件費や物件費、事務所の賃借料・水道光熱費など日常の維持管理費、助成申込書に記載した費目以外の費用、自動車購入費 など
応募制限
地域限定、その他
下記の<1>~<3>のすべてを満たしている団体が対象です。
<1>募集地域
西日本地区(以下の都道府県)
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

<2>助成対象者
特定非営利活動法人・社会福祉法人

<3>助成対象事業
社会福祉に関する活動を行う団体を対象とし、原則として2021年3月末までに完了する事業が対象です。
応募方法
インターネット申請
損保ジャパン日本興亜福祉財団ホームページの申し込みフォームに、必要事項を入力のうえ、送信してください。
選考方法
2019年12月頃に開催予定の選考委員会で選考します。
なお、申請内容に関して、電話によるヒアリングや訪問調査をする場合があります。
決定時期
助成の可否は、選考後速やかに通知します。

◆ 助成金額
  助成金総額: 10,000,000円
  1件あたりの上限額: 700,000円

  昨年度実績
  応募件数:104件 / うち継続 - 件
  助成件数:22件 / うち継続 - 件
  助成金総額:9,870,000円 / うち継続 - 円

備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年09月06日

2020年度助成(地域文化の振興)


◆ 助成制度名
  2020年度助成(地域文化の振興)

◆ 実施団体
  (公財)三菱UFJ信託地域文化財団

◆ 関連URL
  http://www.mut-tiikibunkazaidan.or.jp/

◆ お問い合わせ先
  公益財団法人 三菱UFJ信託地域文化財団
  〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目2番4号 日本橋ビル5F
  電話:03(3272)6993/FAX:03(3272)6994

◆ 募集ステータス
  募集中
  募集時期
  2019年8月1日~2019年11月30日

◆ 対象分野
  学術・文化・芸術・スポーツ

◆ 対象事業
  事業プロジェクト
  内容/対象
1. 助成内容:
・ 永年地域文化の振興に寄与してこられた団体、とりわけ地域の音楽・美術・演劇・伝統芸能の各分野において努力されている諸団体の活 動に対して助成支援を行う。

2. 助成対象:
(1) 国内の団体・法人が、日本国内で行う、地域文化振興に寄与し、文化・芸術的に優れた、公演・展覧会等。
(2) 前項の公演・美術展等は、2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日まで)に開催もしくは会期が開始するものとする。

◆ 3. 募集部門:
・ 音楽部門、美術部門、演劇部門、伝統芸能部門、の4部門。

◆ 4. 応募資格:
(1) 音楽部門、演劇部門、伝統芸能部門は、アマチュアの団体・公演に限る。
(2) 美術部門は美術館等が企画する展覧会等が対象となるので、アマチュアとは限定しない。
(3) 過去当財団の助成を受けた団体は、前回助成を受けた年度から、少なくとも5年超経過していること。

◆ 応募制限
その他
詳細は募集要項のページを参照
応募方法
当財団事務局宛に、以下の書類を郵便または宅配便により提出する。
① 所定の「助成申請書」
② 必要添付資料
選考方法
提出書類にもとづく選考委員会の審査
決定時期
2020年3月に決定の予定。
決定次第、当財団より各申請者宛に郵便で通知する。

◆ 助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: なし
  昨年度実績
  昨年度実績なし

  備考
  ・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
  ・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。



  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年08月30日

助成認定制度

◆ 実施団体
  (公社)企業メセナ協議会
  関連URL
  https://culfun.mecenat.or.jp/collect/grant/point.html

◆ お問い合わせ先
  公益社団法人企業メセナ協議会 事務局

  〒108-0014 東京都港区芝5-3-2 アイセ芝ビル8階
  TEL:03-5439-4520 FAX:03-5439-4521営業時間:9:30~17:30(月~金)

◆ 募集ステータス
  募集中
  募集時期
  申請受付は年4回(1月20日|4月20日|7月20日|10月20日)

◆ 対象分野
  学術・文化・芸術・スポーツ

◆ 対象事業
  事業プロジェクト
  内容/対象

  1. 対象となる申請者
   公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
   一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人など。
   注1)株式会社、有限会社、合名会社、合資会社などの営利法人や、宗教法人、政治団体は申請できません。
   注2)原則として公益財団法人・公益社団法人は対象となりません。
   公益を目的とした任意団体で、規約などを有し、代表者の定めがあり、芸術・文化活動を行うもの
   法人格を持たない劇団やオーケストラ、公演・展示などの実行委員会など。
   芸術・文化活動を行う個人の場合は、その活動の公益性が認められるもの

  2. 対象となる活動
   芸術文化の普及向上に資する活動、および芸術・文化による社会創造に寄与する活動。
   原則、活動実施日が申請締切から3ヶ月以降の活動。
   ※2018年第3回(7月20日申請締切)については、2018年9月26日以降に実施する活動が対象となります。
   海外における活動の場合、活動主体の事務所機能が日本国内にあること。
   事業費総額が3,000万円以下、または当該活動に対する寄付金総額が1,000万円以下であること。

◆ 応募制限
  その他
  公益を目的とした法人で、芸術・文化活動を行うもの
  一般財団法人、一般社団法人、特定非営利活動法人など。
  注1)株式会社、有限会社、合名会社、合資会社などの営利法人や、宗教法人、政治団体は申請できません。
  注2)原則として公益財団法人・公益社団法人は対象となりません。
  公益を目的とした任意団体で、規約などを有し、代表者の定めがあり、芸術・文化活動を行うもの
  法人格を持たない劇団やオーケストラ、公演・展示などの実行委員会など。
  芸術・文化活動を行う個人の場合は、その活動の公益性が認められるもの

  応募方法
  申請をするには「かるふぁん!」へ会員登録が必要です。録済の方は「かるふぁん!」ログイン画面から申請
  選考方法
  非記載
  決定時期
  非記載

◆ 助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: なし
  昨年度実績
  昨年度実績なし

  備考
  ・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
  ・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年08月23日

芸術活動への助成

◆ 助成制度名
  芸術活動への助成

◆ 実施団体
  (公財)朝日新聞文化財団

◆ 関連URL
  https://www.asahizaidan.or.jp/grant/grant01.html

◆ お問い合わせ先
  公益財団法人 朝日新聞文化財団
  〒100-0005 東京都千代田区丸の内 2-1-1 明治生命館 6 階
  電話 03-6269-9441
  FAX 03-6269-9442
  josei@asahizaidan.or.jp

◆ 募集ステータス
  募集中

◆ 募集時期
  2019年7月1日~2019年11月28日

◆ 対象分野
  学術・文化・芸術・スポーツ、災害救援

◆ 対象事業
  事業プロジェクト
  内容/対象

◆ 助成の目的
  ❘音楽会、美術展覧会等への助成を通じて、文化、芸術等の発展、向上に寄与することを目的とします。


  II 助成対象事業の種類
   音楽分野、美術分野の2分野
  ※音楽:クラシック、オペラ・バレエ、能・文楽・歌舞伎、邦楽(伝統音楽)等の公演・音楽祭
  ※美術:絵画、彫刻、写真、映像など美術作品の展覧会や芸術祭

  III 助成対象となる事業
   芸術的水準が高いと認められ、原則としてプロ、あるいはプロを目指す芸術家が出演者、出展
   者として行う事業で、次のいずれかの要件を満たすことが必要です。
   a 芸術上の啓蒙普及的意義のあるもの
   b 芸術家に発表の機会を広げるもの
   c 地域の芸術文化向上に資するもの

◆ 応募制限
  法人格の有無、その他
  申請できるのは、申請する事業を確実に実行できると認められる以下の方々です。
  1)芸術活動・事業を主催する公益法人や非営利団体(それに準じる任意団体)、個人
  2)公益法人や非営利団体が主催する芸術祭等に出演・出展するグループ、個人
  ※「任意団体」とは規約(定款等)、構成員、責任分担、資金負担などの取り決めがあり、
  経理を独立して行う団体・組織としての実態があるものです。
  ※グループ活動、グループ展で、そのグループが上記に規定する「任意団体」に該当しな
  い場合には、そのグループの代表者が「個人」として申請してください。

◆ 応募方法
当財団の WEB 申請システム(https://system.asahizaidan.or.jp/)により、手続きを行ってください。(郵送等による申請書類は受理しませんのでご注意ください)
選考方法
2020 年 2 月に開催する当財団の芸術活動助成選考委員会で決定し、同月末をメドに申請者
にメールで連絡します
決定時期
2020 年 2 月に開催する当財団の芸術活動助成選考委員会で決定し、同月末をメドに申請者
にメールで連絡します
助成金額
助成金総額: 25,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円
昨年度実績
応募件数:371件 / うち継続 - 件
助成件数:169件 / うち継続 - 件
助成金総額:37,000,000円 / うち継続 - 円
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年08月16日

2020年度アートによる地域助成

◆ 助成制度名
  2020年度 アートによる地域振興助成

◆ 実施団体
  (公財)福武財団
  関連URL
  https://fukutake-foundation.jp/subsidy/art_index

◆ お問い合わせ先
  公益財団法人 福武財団 助成担当
  Tel : 087-892-2655 Fax : 087-892-4466
  受付時間: 平日 月~金 9:00~17:00

◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年10月1日~2019年10月31日

◆ 対象分野
  まちづくり、学術・文化・芸術・スポーツ

◆ 対象事業
  事業プロジェクト、組織運営支援、施設・設備

◆ 内容/対象
  助成の趣旨
現代アートのもつメッセージ性を軸としながら、地域住民や行政と協働して、その土地の独自性を生かした地域文化の振興に資する事業を助成対象とします。

◆ 助成対象
  日本で実施される事業で、以下の要件を満たすもの
  ○現代アートに代表される新しい表現方法を用いた事業であること
  ○歴史・地理・風土・民俗など、地域資源を生かした事業であること
  ○地域の振興・発展に資する事業であること
  ○地域住民と協働で行っている事業であること
  ○継続性かつ発展性のある事業であること
  ○営利を目的としない事業であること

◆ 助成期間
  単年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
  応募制限
  法人格の有無、法人格の有無、設立からの年数、設立からの年数、その他
  非営利団体・個人ほか、当財団において適当と認めるもの(個人でも団体でも応募可能)

◆ 応募方法
  申請用紙をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、Website 上の応募フォームに添付し送信してください。
   選考方法
  当財団、助成事業の選考委員会において厳正に選考し、当財団の理事会で承認を得て決定します。

◆ 決定時期
  初回申請者
  2019年12月下旬に申請者全員に1次選考の採否の通知を発送します。
  2020年2月中旬に2次選考を受けた方々に採否の通知を発送します。

継続申請者
2020年2月中旬に申請者全員に採否の通知を発送します。
助成金額
助成金総額: 22,000,000円
1件あたりの上限額: 3,000,000円
昨年度実績
昨年度実績なし
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年08月09日

ソーシャル・ジャスティス基金 第8回助成公募

◆ 助成制度名
  ソーシャル・ジャスティス基金第8回 助成公募

◆ 実施団体
  ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

◆ 関連URL
  http://socialjustice.jp/p/2019fund/
  お問い合わせ先
  ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)
  〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル5F
  EL:03-5941-7948 
  FAX:03-3200-9250 
◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年9月1日~2019年9月20日

◆ 対象分野
  すべて対象
  対象事業
  事業プロジェクト、その他

◆ 内容/対象
  1、ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)の設立
  ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は「認定NPO法人まちぽっと」により2011年10月に設立されました。「まちぽっと」は、日本最初の市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」を20年以上にわたり運営しています。そのなかで、草の根での活動経験を普遍化するような、市民による社会課題解決のための政策提案型・社会提案型の事業(アドボカシー活動)について、応援ニーズが高まり、SJFが新しい仕組みとしてスタートしました。

2、SJFの趣旨
市民の力で希望ある未来をつくりだす、その一歩を応援します。よりよい社会を実現する主役は、みなさんです。一人ひとりに公正な社会に向かって、SJFは、今の世論大勢や政策・制度では見逃されがちだが大切な社会的課題に取り組む活動と伴走しています。SJFの支援事業は、資金助成と社会対話の場づくりを両輪として進めています。後者として、「SJFアドボカシーカフェ」*や、多分野の市民活動が連携する土台になる「SJFフォーラム」等を企画運営しています。

3、公募テーマ ・助成金額

◆ 1 案件の助成上限は 100 万円。

◆ 2019 年度は、以下の 2 つのテーマを対象とした市民活動を募集します。
【公募テーマ 1】
 『女性の権利、 LGBT の権利、 先住民・移民・難民の権利、 ビジネスと人権、 市民スペース(表現の自由・報道の自由を含む) の問題に対する取り組み、 人権を基盤として人の力を引き出す活動(capability building)、 脆弱な立場にある人への支援』

 ※テーマ1については、活動方法は限定しませんが、アドボカシー活動を積極的に支援します。
 活動現場から吸い上げた意見や想いを尊重する姿勢や、社会の仕組み・政策・制度を
 よりよく変えていく長期展望があることを期待します。

―海外大手財団の指定枠です(財団名については追って公表いたします)。総額 500 万円(予定)―


【公募テーマ 2】
 『見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み』を対象としたアドボカシー(社会提案・政策提言)活動
―公益財団法人庭野平和財団にご協力をいただいている総額 200 万円の助成です―

備考)両テーマとも自己資金充当、費用項目についての条件はありません(助成金は人件費にも充当可能)。
応募制限
その他
「公募テーマ」に即し、以下の項目を満たした団体または事業であることを応募資格とします。
1)「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした、アドボカシー事業であること
2)アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
3)「助成発表フォーラム」への参加
4)中間期、助成活動終了後の活動報告
応募方法
応募書類は以下の通りです、これ以外の資料はお断りしております。
(1) ソーシャル・ジャスティス基金(2019年度)助成申込書(SJFホームページよりダウンロード可)
(2) 申請事業に関する規約(またはそれに準ずるもの{個人で規約類がない場合には必須ではない}。
立上げ間もない場合は前事業を含む点は、以下同じ)
(3) 2018年度の活動報告のA4で2ページ以内の要約 (ホームページに掲載されている場合は不要)
(4) 2018年度決算(またはそれに準ずるもの)・2019年度予算
(5) パンフレット(またはそれに準ずるもの)1種類を10部 ※面接審査に進む場合追加可能性あり
※選考に際しては、東京都内での面談やヒアリングを行うことがあります。その際に宿泊費と交通費が必要に
なった場合、費用は団体持ちとなりますのでご了承ください。
選考方法
◆ 審査は2019年10月~11月にSJF審査会によって行われます。
  決定時期
  2019年10月~11月
◆ 助成金額
  助成金総額:
  1件あたりの上限額: 1,000,000円
  昨年度実績
  応募件数:0件 / うち継続 - 件
  助成件数:2件 / うち継続 - 件
  助成金総額:0円 / うち継続 - 円
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の応募件数・助成金総額はホームぺージ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年08月02日

2019年度国内助成プログラム

◆ 助成制度名
  2019年度国内助成プログラム」

◆ 実施団体
  トヨタ財団


◆ 募集ステータス
  募集予定
  募集時期
  2019年8月19日~2019年9月30日

◆ 対象分野
  まちづくり

◆ 対象事業
  事業プロジェクト

◆ 内容/対象
  テーマ:未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ー地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じてー

◆<趣旨>
  トヨタ財団の国内助成プログラムでは、今年度は「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティー地域に開かれた活力ある課題解決の仕組みを通じてー」をテーマとして公募を実施します。
助成カテゴリーは昨年度と同様で、地域の実態を明らかにする調査およびその結果を踏まえた事業戦略の立案に取り組む「しらべる助成」と、多様な主体と共に地域の課題解決の仕組みづくりやその担い手の育成に取り組む「そだてる助成」で公募を実施します。
併せて、過去(2009年度~)に「国内助成プログラム」の助成を受けたプロジェクトが、その成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む「発信・提言助成」を非公募で実施します。
日本社会が直面する課題を乗り越え、さらにはその在り方を問い直して新しい価値の提案や創造につながるような先駆性や躍動感ある営みが、全国各地で展開されることを期待しています。


◆」 ○助成カテゴリー
   A.しらべる助成:地域や人々を取り巻く環境や生じている課題を明らかにする「調査」、およびその結果を踏まえた「事業戦略の立案」までの【調査活動】への助成
B.そだてる助成:地域の実態を踏まえ、地域に関わる多様な人々や組織と共に課題解決の仕組みづくりや未来の担い手育成に取り組む【事業】への助成
C.発信・提言助成:過去に助成を受けたプロジェクトの成果やそこから明らかになった課題に基づき、社会の仕組みや価値観を変えることをめざして実施する政策提言や社会提案などに取り組む活動への助成


◆  助成額
   A.しらべる助成:上限 100万円/件
   B.そだてる助成:上限なし(過去3年間の実績平均654万円/2年)
   C.発信・提言助成:上限 600万円/件
   ※助成額を含む助成内容は選考委員会での選考を経て決定します。

◆  助成期間
   A.しらべる助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)
   B.そだてる助成:2020年4月1日から2022年3月31日(2年間)
   C.発信・提言助成:2020年4月1日から2021年3月31日(1年間)

◆  対象となる組織
AおよびB:40代までのメンバー1名以上を含む、プロジェクト実施に必要な人材や組織で構成されたチーム(※運営の中心を担う組織の法人格の有無や種類は問いません。)
C:過去(2009年度~)に「国内助成プログラム」の助成対象者

◆  応募制限

   なし
◆  応募方法
   インターネット申請
   ※メール・郵送での提出はお受付できませんので、ご注意ください。

◆  選考方法
   外部有識者(学識経験者およびNPO関係者)によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2020年3月に開催予定の理事会にて決定

◆決定時期
外部有識者学識経験者およびNPO関係者)によって構成される選考委員会の書類審査を経て、2020年3月に開催予定の理事会にて決定


◆  助成金額
   助成金総額:
   1件あたりの上限額: 1,000,000円

昨年度実績
応募件数:318件 / うち継続 - 件
助成件数:36件 / うち継続 - 件
助成金総額:114,020,000円 / うち継続 - 円
関連URL
http://www.toyotafound.or.jp/community/2019/
お問い合わせ先
〒163-0437 東京都新宿区西新宿 2 丁目 1 番 1 号 新宿三井ビル 37 階
公益財団法人トヨタ財団 国内助成プログラム担当:武藤、比田井、石井
TEL 03-3344-1701 FAX 03-3342-6911
Email gp4ca@toyotafound.or.jp
URL http://www.toyotafound.or.jp/
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年07月26日

第7回「エクセレントNPO」大賞

◆ 助成制度名第7回「エクセレントNPO」大賞

◆ 実施団体「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(認定NPO法人言論NPO内)

◆ 関連URLhttp://www.excellent-npo.net/

◆ お問い合わせ先「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(言論NPO内)
  ・事務所所在地 東京都中央区湊1丁目1番12号 HSB鐵砲洲4階 言論NPO内
  ・電話番号 03‐6262‐8772(平日9時30分~17時30分受付)
  ・FAX番号 03‐6262‐8773(24時間受付)
  ・E-mail enpo@genron-npo.net

◆ 募集ステータス募集中
  募集時期2019年7月1日~2019年8月23日

◆ 対象分野すべて対象
  対象事業事業プロジェクト、その他
  内容/対象本賞は、質の向上をめざし、自己評価を行いながら改善につとめる非営利組織を応援し、その活動が社会に「見える化」することを目的としています。
また、応募されたすべての団体の自己評価書(応募用紙)に対してフィードバック・レター(自己評価に対するコメント)をお送りします。
.

◆ 賞の構成
  ・エクセレントNPO大賞
  賞状、賞金50万円(部門賞賞金30万円にプラス)、毎日新聞特集記事で紹介
  ※「大賞」は、3つの部門賞の受賞者の中から選出されます。
.
  ・部門賞
  市 民 賞: 賞状、賞金30万円
  課題解決力賞: 賞状、賞金30万円
  組 織 力 賞: 賞状、賞金30万円

  表彰式には、すべてのノミネート団体(15団体ほど)が招待され、各団体の紹介が行われたうえで、賞状が授与されます。

◆ 応募制限その他
  国内外の社会貢献を目的にした市民による日本国内のNPOなど種々の民間非営利組織
  (法人格の種類や法人格の有無は不問)(自薦・他薦可)

◆ 応募方法・本賞にご応募される方は以下のアドレスから応募用紙をダウンロードしてください。
   「エクセレントNPO 大賞運営事務局」(http://www.excellent-npo.net/
   ・応募用紙はエクセル形式になっており、次の①~③シートによる3枚構成です。
   ①団体プロフィール(団体概要、事業報告書、会計報告書、役員はHPアドレス記入)
   ②自己評価表
   ③団体のストーリー
   ・記入した応募用紙は応募専用アドレス(info@excellent-npo.org)までメール添付にてお送りください。
   ・正しく受信ができた場合は受領メールが自動返信されます。もし受領メールが届かない場合には再度送信してください。
   選考方法審査委員会により、エクセレントNPO基準に基づいて第一次審査、第二次審査を実施し、最終的な受賞団体を決定します。表彰式後、全ての応募団体にフィードバック・レターをお送りします。

◆ 決定時期2019年12月11日(水)に毎日ホール(毎日新聞東京本社地下1階)で表彰式を行います。

◆ 助成金額助成金総額:
  1件あたりの上限額: 500,000円
  昨年度実績応募件数:110件 / うち継続 - 件
  助成件数:5件 / うち継続 - 件
  助成金総額:0円 / うち継続 - 円
備考・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績の助成金総額はホームページ上で記載がないため、暫定的に「0」と入力しています。

  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年07月19日

2019年度 第2期 芸術文化による社会支援助成

◆ 助成制度名

◆ 2019年度 第2期 「芸術文化による社会支援助成」

◆ 実施団体
  アーツカウンシル東京


◆ 募集時期
  2019年7月1日~2019年8月5日

◆ 対象分野
  保健・医療・福祉、社会教育、学術・文化・芸術・スポーツ、その他

◆ 対象事業
  事業プロジェクト、その他
内容/対象 様々な社会環境にある人が共に参加し、個性を尊重し合いながら創造性を発揮することのできる芸術活動や、芸術文化の特性を活かし、 社会や都市の様々な課題に取り組む活動を助成します。社会における芸術文化の新たな意義を提起し、あらゆる人に開かれた芸術のあり方を推進する先駆的な活動を支援します。 ◆対象期間:2020年1月1日以降に開始し、2020年12月31日までに終了する活動

◆ 応募制限
地域限定、その他
申請者の資格の要件に「団体の本部事務所が東京都内に存在すること」が含まれています。その他の要件は、関連URLよりご確認ください。
応募方法
郵送受付のみ。書留や宅配便等、発送が記録できる方法で送付のこと。
2019年8月5日(月)消印有効

◆ 選考方法
審査においては、計画性に加え、先駆性・独創性、効果の広がり、継続的発展性の観点を重視します。
決定時期
2019年12月上旬(予定)

◆ 助成金額
助成金総額:
1件あたりの上限額: 1,000,000円
昨年度実績
応募件数:15件 / うち継続8件
助成件数:8件 / うち継続 - 件
助成金総額:5,830,000円 / うち継続 - 円

備考
◆ 関連URL
  https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/grants/social-grant-program/36591/

◆ お問い合わせ先
  公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 企画室 企画助成課
  メールアドレス:josei@artscouncil-tokyo.jp
  電話番号:03-6256-8431(平日10時~18時)
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年07月12日

JTB交流創造賞

◆  助成制度名
  JTB交流創造賞
◆  実施団体
   株式会社ジェイティービー(JTB)
◆  関連URL
   https://www.jtb.co.jp/chiikikoryu/koryusouzousho/obo/index.asp
   お問い合わせ先
   〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-23-14 ダイハツ・ニッセイ池袋ビル6F
   JTB交流創造賞事務局
   (株式会社JTBビジネスネットワーク内)
   TEL.03-5396-8149(10:00~17:30 土・日・祝日休み)
   FAX.03-5396-8140
◆  募集ステータス
   募集予定
   募集時期
   2019年7月16日~2019年9月30日
◆  対象分野
   まちづくり、観光
   対象事業
   事業プロジェクト、その他
   内容/対象
   『わが“まち”に誇りを持つために』

募集内容:国内外を問わず旅行者を受け入れる地域として、地域固有の魅力の創出・需要の創造、地域活性化、双方向の文化交流など、一過性のイベントではなく「持続可能な観光」を創造したオリジナリティが生かされた取組み事例を募集します。
※前回応募いただいた取り組み事例も応募いただけます。但し、過去に受賞された取り組み事例は対象外です。

   最優秀賞
   1作 賞金100万円
   優秀賞
   2作 賞金20万円
   応募制限
   その他
   観光振興、地域活性化に取り組んでいる組織・団体
   応募方法
   【 郵便等で応募の場合 】
   JTB交流創造賞事務局まで送付してください。

   【 インターネットで応募の場合 】
   応募フォームからご応募ください。
   ※応募フォームは7月16日(火)からアクセスできます。
   選考方法
   下記基準をもとに選考委員が総合的に判断いたします。
   ◎一過性のイベント等でなく、持続的な観光振興や地域活性化への波及や貢献が見込まれる。
   ◎地域資源の活用など地域の独自性が活かされている。
   ◎地域の中で、様々な人、組織が連携している。
   ◎人、地域、文化の交流の創造に資している。
   ◎民間・市民が中心となり、発展途上であるが将来性が期待できる。
◆  決定時期
   入選者には本人宛に直接連絡するとともに、JTB WEBサイト上および広報・PR活動において発表します。(2020年1月予定)
   助成金額
   助成金総額:
   1件あたりの上限額: 1,000,000円
   昨年度実績
   応募件数:0件 / うち継続 - 件
   助成件数:3件 / うち継続 - 件
   助成金総額:0円 / うち継続 - 円
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
・昨年度実績について、応募件数はホームページに記載がないため、暫定的に「0」を入力しています。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報

2019年07月05日

2019年度地域振興助成

◆  助成制度名
   2019年度地域振興助成

◆  実施団体
   (一財)前川報恩会

◆  関連URL
   https://www.mayekawa.org/grant/regional_improvement/regional_youkou_2019.html
◆  お問い合わせ先
   公益財団法人 前川報恩会
   〒135-0046 東京都江東区牡丹3-10-7
   TEL:03-3642-1566 FAX:03-3643-7094

◆  募集ステータス
   募集予定
   募集時期
   2019年8月1日~2019年8月31日

◆  対象分野
   まちづくり、地域安全
   対象事業
   調査・研究、事業プロジェクト

◆  内容/対象
   助成対象となる事業 1.多世代が参与し、高齢層から若年層への伝承が含まれる天然資源及び文化的資産の保全・活用を通じ、当該地域のコミュニィ  の発展に寄与する継続的事業

例)・地場の自然保護活動、周辺地域の活性化活動
  ・学校法人が課外活動として行う地域交流活動・地域調査活動(域学連携)
  ・地域循環圏の活用、広域連携活動 など

2.地域に根ざした未利用エネルギーの有効活用、もしくは農と食のイノベーションと地域力アップ に繋がる事業

例)・農村部に於いて再生可能なエネルギー資源活用を図り、地域プロジェクトとして新しい農業と地産食料加工の取り組み
  ・地域のイベントを通じた食と地域振興を結び付けたプロジェクト
  ・SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

◆ 応募制限
  その他
  NPO法人等の非営利団体、学校法人
◆ 応募方法
インターネット回線を利用し、当財団ホームページの「助成事業登録フォーム」に必要事項及び申請内容の概略を記入した上で、必要書類と共に送信する。
選考方法
選考:2019年10月中
承認:2019年12月中の理事会
決定時期
交付:理事会の承認後、速やかに行う。
助成金額
助成金総額: 5,000,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円
昨年度実績
応募件数:10件 / うち継続 - 件
助成件数:7件 / うち継続 - 件
助成金総額:5,329,000円 / うち継続 - 円
備考
・この助成制度は団体のホームページを参照して、CANPAN運営事務局で入力しているものです。
・詳細は関連URLのリンクより当該団体のホームページにてご確認ください。
  

Posted by みやざきNPO・協働支援センター at 12:00Comments(0)助成金・公募情報